秀じいブログ

2016.02.11

【秀じい堆肥】堆肥エピソード3.秀じいの堆肥とは

 「本物の堆肥」とは、有用微生物が大量に入った土壌の地力増進剤のことです。秀じいの堆肥は開発初期から二人三脚で手伝って頂いた山中先生が作った菌と様々な自然界の菌でできております。

 

 堆肥によりわずか十数年で食糧自給率を40%からほぼ100%にしたのが、カストロ政権下のキューバでした。キューバでは、国際情勢の変化から化学肥料や農薬などの輸入が滞り、これらを使用せずに農作物の生産力を向上すべく、昔ながらの堆肥を使った有機農業を国内の隅々まで普及することで自給率向上の成功を収めました。

 

 この成功には、国民の一人一人の意識が変わったことも大きな要因であったと言われております。その意識の変革とは「他人任せの発想を克服し、自分たちで何とかするしかない。」ということであり、まさに私たちが目指す姿と一致します。

 

 私の父は戦後、開拓農民としてこの地に移り住みました。そんな貧しい家庭に生まれ育ちましたが、私が小さい頃はどこの農家にも豚小屋の脇に堆肥舎があり、そこで堆肥を切り返しながら十分に発酵させ、その完熟した堆肥を施肥した畑から収穫した野菜は今思えば「本物だった」のだと実感するようになりました。ですので、手間を十分にかけた、昔から造られてきたものが本物の堆肥「秀じいの堆肥」なのです。

 

 市場には安価な製品も出回っておりますが、判断をするのは消費者の方々です。生産者の皆様もプロの目で私たちの堆肥を手に取り確かめて下さい。必ず満足していただけるものと強く信じております。

 

堆肥

2016.02.01

【秀じい堆肥】堆肥エピソード2.悔しさをばねに!

  誰も使おうとしない堆肥。しかしながら、私たちが造った堆肥には絶対の自信がありました。使って評価されるのであれば、どんどん改善してより良いものにできますが、「産廃業者が造った」という先入観から使う前に評価されてしまい非常に涙がでるほど悔しく、残念な想いをしてきました。

 

 ここにたどり着くまで15年もの歳月を要してまいりましが、徐々に私たちの想いが伝わり、やっとこの堆肥の良さも解って頂けるようになりました。去年は2,800人以上の生産農家からお褒めの言葉を頂きましたが、もっとこの堆肥の良さを多くの方に解ってもらい使っていただくことで「日本の農業の発展に繋げたい」と私たちは考えております。ですから、年間10万袋を生産販売してはじめて利益が出る価格設定をしています。

 

 より多くの生産者の方にこの堆肥の本当の良さと私たちの想いを感じていただき、もっともっとこの堆肥を使っていただく必要があります。

 

CIMG0105

2016.01.18

【秀じい堆肥】堆肥エピソード1.堆肥を造りはじめたきっかけ

 日本の穀物自給率は30%を切り、国際的に見ても非常に低い状態であり、今後、新興国の人口増加や食生活の改善等により、国家間の食料の奪い合いによる食糧危機と言っても差し支えない状況になろうとしています。このため、国や自治体においても様々な施策がとられておりますが、飛躍的な改善が見込まれません。「産廃業者である私たちが貢献できることは何か・・・」「次の世代の子供達に本当の野菜の味を届けたい。」このような思いから私たちは動き出しました。

 

 私たちの会社は産廃物処分業を営んでおり、主に、木造家屋を解体し、それらの分別・リサイクルを行っています。日本家屋の場合、解体・分別の過程で非常に質の良い無垢の木材が発生しますが、この木材をこれからの日本の農業に貢献できる「本物の堆肥」を造れないかと思い、堆肥造りを始めました。

 

 本当にゼロからの出発でしたので、南は九州、北は北海道まで参考になる話があれば、自ら現地に赴き話を伺いました。県の農林総合研究センターにもチップ堆肥の相談をもちかけましたが、「チップ堆肥で成功した人はいない。やめた方がいい。」と反対されました。しかし、「それならこれは本当に私たちにしか造れない堆肥なのでは」と強く思うようにもなり、新たに堆肥製作場を開設し、ドイツ製の大型攪拌機械も導入しました。そうして、数年かけてやっと形になりましたが、この想いとは反面、使ってくれる農家は全く現れませんでした。

 

 千葉県の片隅の何の知名度も持たない、しかも産廃業者が造った堆肥には誰も見向きはしなかったのです。

 

07.10-M

2016.01.04

【代表挨拶】日本の農業を変える「秀じいの堆肥」

 新年あけましておめでとうございます。振り返れば2015年も様々な社会情勢の変化がありました。その中で変わらずに年を越すことができたのは、ひとえに皆様のご協力の賜物と深く感謝しております。この場にて改めて御礼申し上げます。有難うございます。

 

 さて、次回からのブログ3回は堆肥特集版ということで、以下に私たちの堆肥造りのストーリーを書き表しております。私は今から11年前『農業生産法人 有限会社秀じい農場』を設立し、秀じいの堆肥を用いた農作物の生産を行っておりました。そこで強く感じたのは、日本の農業の将来への不安でした。今でこそ農業従事者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の拡大等、様々な問題が浮上しており、国の方針で様々な政策が施されておりますが、農業従事者の方々はまだまだ大変な思いをしながら仕事をしているのではないでしょうか?

 

 秀グループの中核事業である木造家屋解体が携わる空き家等が社会問題になっていると共に、日本の農業問題もこれからさらに深刻な問題になっていくと予想されます。空家を解体し日本の食料自給率を上げる。大それた望みではありますが、2つの社会問題を一気に解決できるように日々邁進していきますので、今後ともご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

プレゼンテーション1

2015.12.08

【総務部】秀じい記念館『縁秀楼』OPEN!

秀グループ会長である秀じいの数寄屋造りの家とその庭園が秀じい記念館『縁秀楼』としてオープンしました。

秀じいが大工から始めた歴史の集大成です。

 

縁秀楼6

 

基本的にいつでも見ることは可能ですので、もしお近くを通る際はご覧ください。

 

大栄インターから香取市に向かって走っているとすぐに縁秀楼の案内看板が出てきます。

 

縁秀楼4

 

看板より4つ目の信号で秀工業の大きな看板がありますので、

その信号を右に曲がって、50メートル程進んだ所をさらに右に曲がってください。

そこから300メートル程一本道なので、進んで突き当りの場所が縁秀楼になります。

 

縁秀楼3

 

現在は綺麗な紅葉を見ることができますので、是非一度足をお運びください。

 

縁秀楼2縁秀楼1縁秀楼5

2015.10.14

【リサイクルセンター部】徹底したライン選別!

ライン選別とはベルトコンベアで流れてきた廃棄物を人の手で分別する事を指しますが、秀工業ではライン選別を徹底し、リサイクル率を高める努力をしております。

 

まず重機で粗選別された廃棄物を選別ラインに投入、トロンメルにて壁土や付着物を取り除いた物がコンベアで流れてきますので、人の手で木、ガラ、焼却物を取り最後に磁選機を通り鉄が除かれます。

 

残りの物は最終処分場に搬出されます。大変な労力と費用がかかりますが埋立する量を大幅に減らすことができるリサイクル方法の代表です!

 

ライン選別1

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
相談無料・見積無料 メールフォーム
小冊子プレゼント
クレジットカード、銀行ローンをご利用頂けます お支払い方法はこちら
採用情報
  • 自社一貫体制で安い!
  • 秀じいが日本の農業を変える
  • 秀じいの解体ブログ
  • 秀じい堆肥動画はこちら
  • 秀工業株式会社
対応エリア 詳しく見る
【千葉県】
北東部エリア
成田市、栄町、富里市、酒々井町、芝山町、香取市、多古町、神崎町、東庄町、旭市、八街市、匝瑳市、銚子市、横芝光町、山武市、東金市、九十九里町、大網白里市
北西部エリア
千葉市、佐倉市、四街道市、印西市、白井市、八千代市、船橋市、習志野市、我孫子市、鎌ケ谷市、市川市、柏市、松戸市、流山市、野田市、浦安市
南部エリア
市原市、茂原市、袖ケ浦市、木更津市、君津市、富津市、白子町、長柄町、長生村、一宮町、長南町、睦沢町、いすみ市、大多喜町、御宿町
【茨城県】
神栖市、潮来市、鹿嶋市、行方市、鉾田市、稲敷市、美浦村、河内町、龍ケ崎市、利根町、阿見町、牛久市、取手市、守谷市、土浦市、かすみがうら市、つくば市、つくばみらい市、石岡市、小美玉市、常総市、坂東市、水戸市、笠間市、茨城町、大洗町、石岡市、小美玉市、鉾田市
【東京都】
江戸川区、葛飾区、江東区、足立区、墨田区
【埼玉県】
松伏町、吉川市、三郷市